Propolis guide

プロポリスとミツバチの関係

滋養強壮効果を期待して、毎日プロポリスを摂るようにしている方は多いかもしれません。
健康食品はたくさんありますが、プロポリスはどういった特徴を持っているのでしょうか。
また、どのように作られているのでしょうか。

プロポリスを語る上では、ミツバチとの関係性が欠かせません。
厳密に言うとプロポリスというのは、ミツバチの分泌している液体と、花粉、樹液、花の蜜などが混ざり合ってできた物体のことを指しています。
また、ハチの巣を思い出してほしいのですが、構造上、外敵が寄ってこないようにと、巣を守る働きをしています。
プロポリスはよく、はちみつやローヤルゼリーと混同されてしまうことが多いようですが、巣を守るために作られているものであるというところに、違いがあります。

はちみつが、花の蜜などを採集し、ハチ自身が加工して巣に貯蔵しておいたものなのに対して、プロポリスは樹液等をハチの唾液と混ぜ合わせて作られた粘着性の高い物質で、巣の防護をする役割をするのです。
こう考えてみると、プロポリスと言うのは、すべて自然のものからできているということが分かって頂けるのではないでしょうか。
人間が人工的に作ったものではありませんので、体に作用する大きな健康効果が期待できます。

プロポリスに含まれている成分としては、数万種類と言われていますので、すべてを紹介することは難しいのですが、病気で悩んでいる方や、体が弱っていると感じていて免疫力を強化したい方、なんとなく調子が悪いと感じている未病の方など、いろいろな方たちにお勧めできるものなのです。

トップに戻る