Propolis guide

プロポリスとハチミツってどう違うの?

プロポリスもハチミツもどちらもミツバチが作るものですが、ハチミツが食用なのに対して、プロポリスはミツバチが巣を作る際に作ったものと、そもそもに違いがあります。
ハチミツはみつばちが蜜を採り、巣で貯蔵したものです。
約8割の糖分と約2割の水分が成分です。
わずかにビタミンとミネラルを含みます。

一方のプロポリスは、みつばちが樹液と自分の唾液で作るネバネバしたヤニのような物質です。
巣の出入り口に塗って細菌やウィルスの侵入を防ぐ、プロポリスの防護壁を作っています。
プロポリスは天然の抗生物質とも言われます。
人体にとって理想的な免疫活性物質となります。
プロポリスの効果はじんましんやリウマチにがんと多くの効果があります。

海外では医療品として使われています。
採集したエキスにパロチンを少量まぜ、さらにミツバチの体内にある蜜ろうも混ぜ合わせています。
プロポリスには、はちみつと同様に、ビタミンやミネラル、アミノ酸といった栄養素が豊富に含まれています。
しかし、それに留まらないのがプロポリスが注目されている所以です。

とくにプロポリスには、ハチミツにはない、ポリフェノールやフラボノイドといった健康成分が多く含まれているのです。
ポリフェノールには、細胞を蘇らせてるアンチエイジングに役立つ抗酸化作用があり、血液をサラサラにしたり、お肌を元気にする効果があるといわれています。
ハチミツより数多くの栄養成分があるプロポリスは、健康維持を後押しする効果が注目されています。
全身の免疫力を高めることで多くの健康効果が報告されています。

はちみつには、残念ながら強力な健康サポート力はありません。

トップに戻る