Propolis guide

プロポリスでかゆみがでるのは好転反応?

プロポリスには副作用がほとんどないとされています。
それは樹木の樹液や草花の花蜜を原料として蜂が作り出す天然由来のものだからです。
蜂アレルギーの人にとっては危険なものですから絶対に避けるべきなのですが、それ以外の人はまず大丈夫であるとされているものです。

プロポリスエキスを飲み始めるとまれに湿疹やかぶれが起きる人が見られます。
統計的にはプロポリス服用している人のうち、約2%程度の人に見られる症状ですが、この湿疹やかゆみはプロポリスによる好転反応である場合がほとんどといわれています。

プロポリスの成分によって飲み始めの初期のころに一時的に体の悪い部分が強く出てしまうことを好転反応といいます。
好転反応で多い症状は皮膚に湿疹やかぶれ、吹き出物ができるなどです。
好転反応の考え方は東洋医学によるものですが、体にたまった毒素が皮膚(体の表面)に排出されている期間というもので、一時的に肌に異常がでますが、体内の毒素が出きってしまえばかゆみや湿疹も収まっていき、改善に向かっていくものです。
万が一プロポリス服用を始めて間もないころにかゆみや湿疹、吹き出物といった皮膚の異常が出た場合はまずは好転反応を疑ってみましょう。

そしてそのような症状が出た場合はプロポリスの服用を一時的に中止するか服用する量を減らすかして様子を見ましょう。
心配であればかかりつけの医師や薬剤師等に相談するのが最も確実です。

まれに蜂産品のアレルギー症状であることも可能性として考えられます。
皮膚の症状に限らず、プロポリス服用後に体調の異常が見られたら無理はせずに慎重に様子を見ながら服用するようにしましょう。

トップに戻る