Propolis guide

妊娠中、授乳中のプロポリスはNG?

天然のステロイドとか天然の抗生物質などとも呼ばれているプロポリスは、非常に高い栄養分を含んでいることから、風邪予防やアトピー性皮膚炎などのアレルギー対策としても重宝されています。
さてこのプロポリスですが、積極的に日々の生活に取り入れているひとも多いのではないでしょうか。

ところで、妊娠中や授乳中も摂取をしても、問題はないのでしょうか。
結論からいうと、副作用はありませんと記載されているプロポリスでも、摂取は控えたほうが良いといえるでしょう。
妊娠中は、体内のホルモンバランスも急激に変化をしており、通常の体とはかなり異なった体内環境にあります。
したがってプロポリスのような効果の高い強い成分は、アレルギー体質でない人でも、アレルギー反応を引き起こしてしまう危険性があるのです。
また、特に妊娠期間中で一番大切な時期である妊娠初期のプロポリスの摂取は避けたほうがよいといわれていますので、妊娠がわかったなら、もちろん妊活中からプロポリスの摂取は控えた方がよいでしょう。

さらに、プロポリスに関しては、日本においては歴史が浅く、未だに副作用に関するデータが十分でなく、胎児への影響もないとはいいきれないのです。
また、母体が摂取したものが直接母乳を伝わって赤ちゃんの体内にはいっていきますので、まだ内臓機能の発達していない赤ちゃんには刺激が強すぎるのではないかと懸念されます。

授乳中も、母乳を作るためのホルモンが分泌されており、母体の体内のホルモンバランスは特別な状態になっておりますので、母体のためにも摂取はやめておいたほうが良いでしょう。

トップに戻る