Propolis guide

プロポリスは天然の抗生物質

プロポリスは「天然の抗生物質」と呼ばれるのはなぜか、あなたは知っていますか? 
そこには有史以前の太古からミツバチという種を守ってきた強力な殺菌作用が存在しています。
ここではプロポリスの殺菌・抗菌作用と、その利用法、私たちの生活にもたらされる恩恵について考えてみたいと思います。

ミツバチが集めた樹液や花粉といった植物由来のフラボノイドを唾液と混ぜ合わせて体内合成することで作り出されるプロポリス。
「天然の抗生物質」とまで呼ばれる理由は、大きくわけて二つあります。
一つは化学的に合成された抗生物質に劣らない効能を有していること、もう一つは真似ようと思っても同様の成分を化学的に作り出すことは不可能という点です。
そのプロポリスの殺菌効果はペニシリンなどとくらべても決して劣るものではなく、例えば傷口を化膿させたり食中毒を引き起こしたりするブドウ球菌などを死滅させます。
同物質のすごさは、単に化学合成された抗生物質同様の効果を発揮するだけではありません。
ある部分においては化学合成された抗生物質よりも優れた二つの機能を持っているのです。

一つは私たちの体内に侵入たり発生したりした悪玉菌だけを攻撃し、善玉菌は活かすという機能です。
化学合成された抗生物質は善悪の区別なく、全ての菌を駆除してしまうという弊害があります。
そのため効果があるからといって無闇に用いると、かえって私たちの身体が本来持っている自己防衛の機能を弱めてしまう可能性もあるのです。
プロポリスは天然の物質ならではの機能で、こうした弊害なく用いることができます。

二つ目はプロポリスに対して、菌は抗体を作ることができないという点です。
化学合成された抗生物質の場合、菌は必ず抗体を作り出します。
結果、耐性を持った悪玉菌に対して抗生物質はいつかその効力を失います。
しかしプロポリスは抗体に邪魔されることなく、いつでも悪玉菌を攻撃することができるのです。

さらに同物質には殺菌効果のある成分だけでなく、体調を整えたり血流を改善したり、新陳代謝を活発にしたりといった効果をもたらす、非常に多くの有効成分が含まれているため、単に菌を駆除するだけでなく、全身の機能を向上させ、結果的に耐性のある身体を作る働きもあります。

化学合成された抗生物質に勝る優れた作用を持つプロポリスは、ミツバチにしか合成することのできない天然の物質です。
単に菌を駆除するだけでなく健康な身体を作るために役立つ多くの成分を含んだ同物質を上手に使って、プロポリスで健康的な毎日を手に入れましょう。

トップに戻る