Propolis guide

プロポリスで痛風の痛みを鎮める

あなたは痛風患者の関節付近の顕微鏡写真を見たことがありますか? 
そこにはゴツゴツした石のような尿酸結晶が足指付近の神経(脚の指関節付近に症状が出ることが多い)のそばに溜まって白血球を攻撃している様子がはっきりととらえられています。
あの画像を見れば、たとえ現在痛風に悩まされていない人でも、患者が感じている関節が真っ赤に腫れ上がるほどの激痛を、かなりリアルに想像できることでしょう。
プロポリスは痛風の恐ろしい症状を和らげる効果があると言われています。
それはなぜでしょうか? 
同成分の持つどのような働きが、この疾患に効いているのでしょう?

可能性は三つあります。一つは抗炎症作用です。
プロポリスの持つ代表的なこの働きが、患部である関節周辺の炎症を抑えることで腫れが引き、症状が和らぐのです。

二つ目は鎮痛・麻酔作用です。
モルヒネのような劇的な即効性はありませんが、その代わり臓器への負担や依存症状といった副作用を伴うことなく痛みを軽減する効果があると言われています。

三つ目は血流の改善と循環機能の強化作用です。
痛風は本来なら体外に排出されるべき尿酸が、血液中に残ってしまうことが原因となりますが、プロポリスの働きは全身の血流を改善し、老廃物を速やかに体外に排出する環境を整えることで尿酸値の上昇を抑えます。

痛風の治療は痛みを抑え、苦痛の元となる関節の炎症を取り去ることが急務ですが、根本的な治療にはプリン体の摂取を減らすなどの食事制限や生活習慣の改善などが求められます。
プロポリスは血液をサラサラにすることで知られるケルセチンと呼ばれる成分の働きで血管年齢を若返らせ、代謝力を向上させます。
つまり身体がエネルギーを消費しやすい状況を作り出してコレステロールを減らし、運動効果を上げることで生活習慣の改善をスピードアップさせるのです。
また含有するさまざまな栄養素の働きによって食事制限による体力の衰えとストレスを軽減し、痛風治療の苦しさを和らげてくれる働きがあるのです。

このように、プロポリスは炎症や痛みを伴う患部に直接働きかけるピンポイント機能と、毎日のコンスタントな摂取によって全身の代謝力や血流を知らず知らずのうちに改善し、肉体を若返らせるマクロ的機能の両輪で、辛い痛風を克服するサポートをしてくれるのです。
みなさんも、 プロポリスで健康生活始めてみませんか。

トップに戻る